「継続は力なり」の正しい実践方法

【継続は力なり】の正しい実践方法 思うこと

前回の記事で「継続は力なり」はそのままでは効果はないと書きました。
今回は、正しい継続のしかたを簡単にご紹介していきます。

 

 

まず前提として、継続というのはあくまで手段のひとつであって、そこに結果が出なければ継続していても意味がなく、間違った方向に進んでしまう恐れがあります。

そこで正しく継続して目標を達成する、成功する方法をご紹介します。

 

はじめにやることは、

・現在位置の確認
・目標ゴールまでの距離
・ゴールに行くつくまでのルート
・そこへたどり着く方法

これらを精査しながら進んでいくことが、正しい継続となります。

 

精査しながら進むとは、途中で今の方法でいいのか確認しながら、現在位置と目標との位置関係を把握します。

すなわち、継続はどんどんするけど、たまに立ち止まって改善を繰り返して進むんです。

 

目標達成をわかりやすく登山に例えてみましょう。

登山をする前に確認しなければならないことは、

・ゴール(山頂)
・現在の位置
・目的地までのルート
・装備

これらを把握してから出発しないと危険ですよね。

 

そして、いざ登り始めても天候によってルートを変更したり、野生動物に遭遇して下山を余儀なくされたりもします。

 

正しい継続とは、現在位置とゴールを把握し、ゴールへたどり着くまでの方法を精査しながら、うまくいく方法を続けていくことです。

 

それがあってこそ、【継続は力なり】というのは力を発揮してくれます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました