File Coin

ファイルコインとは? アウトプット

上昇学で今、イチ押しの熱い事業案件、ファイルコイン。

もの凄い価値と無限の可能性を秘めた次世代のコインであって、本格的な開始を前に、今が最高に盛り上がています。

コインの価値でいえば、イーサリアム級になるであろうというポテンシャルを持っています。
あなたがもしイーサリアムの黎明期に戻れたら、間違いなく購入しておきますよね?

それと同じようなことが、ファイルコインで今後起ころうとしているんです。

 

「また、どうせ他のコインと変わらないんでしょ?」

と、そう考えるのは間違っています。

 

というのも、このファイルコインには、価値が上がらないわけがない!と思える背景があるからなんです。

 

その背景とはIPFS。

これが、このコインの価値を上げる強力なバックボーンになっています。
ファイルコインはIPFSと組み合わさることによって価値が高まります。

 

ファイルコインの前に、IPFSの仕組みを理解しておきましょう。

IPFSとは?

IPFSとは、分散型ファイルストレージ構築のための規格のこと。

ごく簡単に書くと、今のインターネットの基礎である中央集権型での管理でなく、それぞれ個々で保存してやり取りするための規格です。

 

IPFSの仕組み

現在のインターネットの仕組みでは、グーグルなどの中央集権が情報を一括で集めて管理、欲しい人に渡しています。
これだと、管理側への依存が強く、つねにデータの保存に多くのスペースが必要になります。

また、不正や改ざんされた場合に間違った情報を受け取るリスクもあるし、中央管理なので、意図的に情報をコントロールすることもできちゃいます。

 

その反対にIPFSは、個々のスペースに情報を保存して管理するための仕組みです。
あるネットワークに参加しているPCやスマホの空き容量にデータを保存して、そのデータを互いに共有します。

こうすることによってデータ容量を分散して管理できるので、すばやく情報管理をすることができます。

と同時に、中央集権型にありがちなシステムダウンやそのほかのリスクも回避できるんです。

なので、IPFSはインターネットの欠点を補える、次世代のシステムと期待されています。

 

さらに、IPFSにはアメリカの著名なベンチャーキャピタルも意欲的に出資をしています。
それも桁外れに大きな会社がすでに参加しているんです。

IPFSは、ブロックチェーンと考え方が似ていますよね。
昔気質の誰かが中央でコントロールするのでなくて、みんな共有して保存管理する。
これが今の世の中の流れになっています。

BTCがブロックチェーン技術で莫大な富を気づいたのも納得です。

 

そんなIPFSを世の中に広めるための報酬として払われるのがファイルコインです。

 

上昇学からのファイルコイン

やっとここでファイルコインが出てきましたが、IPFSが今後成長していくのだから、ファイルコインだって同じように成長しないわけがないんです。

そんなファイルコインを今のうちに手に入れてしまおう。
というのが今回の上昇学からの告知です。

ざっとファイルコイン案件の特徴を書いてみると、

月利25%はいってしまう
IPFSはすでに広がりをみせているので、稼げると分かり切っている
イーサリアム級の成長をすれば、稼げる額が桁違い

などです。

これほどまでに勝ち馬な案件は他にないです。

このような情報はナマモノなので、この話が面白いと思ったら行動してくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました