物事の判断基準って

物事の判断基準って 思うこと

物事の判断基準って、その人の置かれてる立場や状況で変わってきます。
必ずしも皆んなが同じ判断をするわけではないですよね。

あるコトに対して、まったく違う感情なり捉え方が存在します。

僕にとっては「ま、そういうもんでしょ。」と特に気にしないコトが、
人によっては「納得行かない、意味不明、説明してほしい」となります。

 

たとえば、ものすごい気合を入れて取り組んでみたのに思った結果にならなかった、
思いもしない事態が起きた。期待を裏切られた。

そんな時ほど、人それぞれの判断は多岐にわたって、分かれます。

 

当たり前ですよね。

期待値が大きければ大きいほど、予想に反した結果だとショックは大きくなります。

 

ただ、

 

その状況をそのまま受け止めて、それに対してのみリアクションをするのか、
その起こった出来事にたいして多角的に見つめ直して、何の意図があるのか検証してみるのか?

後のアプローチのしかたで、判断も大きく変わってきます。

 

また、起こってるコトに対して、どのように判断するかの拠り所は、
そのコトについて自分がどれくらい理解しているのかでも変わってきます。

よくわかってなければ、目の前の状況のみで判断するので、
どうしても一方的な判断をしてしまいます。

 

喧嘩や痴漢なども、どちらか一方の意見だけを聞くと、間違った判断を下しがちです。

 

実はその昔、この一方的な判断を下されたために、会社を辞めた経験があります。
それはほんとに、周りの誰も自分の主張を認めてくれない、話が通じない、地獄のような状況でした。

あまりネガティブな話なので書きたくないんですが、
関係する話なので、また明日書きますね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました