オーストラリアの労働環境は良いけども・・・

オーストラリアの労働環境は良いけども・・・ 思うこと

オーストラリアでは労働者の意識が高く意見も強く団結しています。
なので、総じて人件費も高く(給料が高い)、権利もしっかり守られています。
年収も年に一回はちょこっと上がります。

日本のように、ブラック企業で低賃金でこき使われるというイメージはなく、
違法移民で劣悪な工場勤務などでない限り、労働環境は悪くないです。

僕の働いている会社は現地企業で、典型的なオージーが社長の会社です。
仕事終わりにビールを飲まされたりもします。

仕事はきつくないし、周りの人もいい人ばかり。
定時に帰れるし、有給はいつでも遠慮なく取れます。
一生懸命に働く人はいないので、適当でも誰にも文句を言われません。

 

ボーっとぬるま湯で人生をダラダラ歩むなら最高の環境でしょう。

 

そんな世間では”良い労働環境”というのを最大限に考慮してみても、
でもやっぱり、働いてるのは自分に対しての裏切り行為だし、人生に対して失礼ですよね。

 

通勤時間はもったいないし、拘束時間も長いです。
目標もなく労働をし続けるのって、本当にもったいないと感じます。

もっというなら、オーストラリアにずっといることもちょっと歯がゆいです。

 

現実には経済的に困らなくなったので、行きたい時に日本に行けるようになったのに、
コロナのせいで行けない!

 

【好事魔多し】なのかも。
今は耐える時期なんでしょうね。

 

 

自分のやりたいことや自分を生きるためには、やっぱり働いたら負け。
有限な時間がどんどんなくなっていきます。

 

人によっては、労働環境がよくてそのままもの人もいます。

だけど、僕には大切な人生を切り売りしてお金をもらうことは、時間がとてももったいないんです。

 

当たり前だけど、忘れがちなのが、
人生は一度だけ、どうしたいのか?本当は何がしたいのか?

これを問い続けて実現していかないと、楽しくないじゃないですか?

 

 

労働している時間がもったいないと感じて、
本当にやりたいことは何か?
人生を楽しむためにはどうすればいいのか?

最近になって本当に真剣によく考えます。

 

経済的な不安がなくなり、このような意識に慣れたのは上昇学おかげです。
これからも人生を楽しく生きるためのヒントを学び、上昇学を道標として歩んでいきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました