自分史上のパラダイムシフト

自分史上のパラダイムシフト 思うこと

ここ1年間を振り返ってみて、いろいろなことが起こりましたが、
自分史上最大のパラダイムシフトを書いていきます。

 

まず、その前にパラダイムシフトとは何かというと・・・

「パラダイムシフト」とは、ある年代で当然と思われた物の見方や考え方が劇的に変化することを指す用語です。

 

今まで普通、常識の範囲内と思っていたことが激的に変化したという意味で使われています。

世の中で言えば、最近の大きなパラダイムシフトならテレワークですね。
リモートで働けることに多くの人が気づいた結果、働き方に変化が起きました。

人によっては、働き方が激的に変化したパラダイムシフトでした。

 

さて、自分史上最大のパラダイムシフトですが、
パッと思いつく中でも5つあります。

 

お金の流れ

まず最初は、JAを始めたことによるパラダイムシフトですね。

「お金は働いて稼ぐ、頑張ってお給料を増やす」というのが僕の中の常識でしたが、
労働をしなくても利益は作れる。お金にお金を稼いでもらう。
これが現実にできてしまいました。

1ヶ月に数回ポチッとなをして、利益が発生する。
この流れでお金が流れてきています。

 

資産

それなりに大きな資産を持ちたいと思ってましたが、
本当にこの先将来のために作れるのか?
そんな考えを持っていました。

それが、短期間で資産構築が出来つつあります。

JAでの利益を他の案件にも分散して運用する。
1年前の自分には到底考えられなかった、パラダイムシフトです。

 

お金を作ることへの考え方

お金は働いて稼ぐものという常識がJAによってパラダイムシフトして、
ESBIの表を見たことによって、お金に対する考えが深くなりました。

そもそもお金をたくさん作って良い暮らしをしたいと思っていても
結局、EとSで働いている限りは自分の時間を奪われていきます。

お金より大事なものは時間であり、その時間を大事にするべきなのに、
労働によって時間を無駄にしてお金を作っているという矛盾。

ここに気づいて、より考えるようになりました。
がんばって働いて稼ぐ!は幻想であり、時間の無駄!とパラダイムシフトです。

 

日常生活

贅沢はしてません。
これまでと、ほとんど変わってない生活をしています。

もともと物欲はそこまでないので、いきなり何かを買おうとは思っていません。

でも、確実に心に余裕が生まれました。

ずっと同じようなしがない生活スタイルをしてきた自分にとって、
この心の余裕はパラダイムシフトですね。

 

性格

心に余裕があるからか、焦ったりイライラしなくなりました。

過去に聞いた話で、お金持ちの人は自分だけ金持ちになるのは意味がなく、
周りの人をお金持ちにして、幸せにしたくなる。とありました。

当時は「なに言ってんだか」と勘違いしていましたが、
資産なり、そういうバックボーンが育ってくると、他の人を助けたくなります。
以前より性格が穏やかになって優しくなりました 笑

 

以上がここ1年で起こった自分史上で大きなパラダイムシフトです。

日常生活は変わっていませんが、お金に対する意識や考え方、
自分の人生を生きることについては、ほんとに激変しました。

わずか1年でこれほど変わるなんて、大きなパラダイムシフトが起こったんですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました