諦めるという発想はどこから来たの?

諦めるという発想はどこから来たの? 思うこと

今回は、僕が最近とっても感銘を受けて、
途中で泣いてしまった話をご紹介します。

 

その話が伝えたい事は、

【思いは、招く】
(思ったら、そうなるよ)

 

ということです。

 

まあ、よくある【思考は現実化する】というお話と似ているんですが、
感銘を受けたのは、その部分ではなくて、
思いを持たなくて、諦めることへの説明です。

 

 

たしかに思考(思ってること)は、良くも悪くも現実化します。

願い事はだいたい叶うんです。
逆に、嫌だなーと思ってることも、あなたの人生にはやって来ます。

 

このあたりの自然の摂理みたいなものは、
それなりに人生を生きて来て、感覚として分かってきますよね?

だから、人間には夢をあきらめない心があったり、
失敗しても、何かを成し遂げないという志があります。

最終的には「なんとかなるだろう」と思うからです。

 

たしかに、何か新しいことに挑戦しても、最初は失敗はします。
そして、それを繰り返して成長します。

なにも失敗しないで、今日まで人生を送ってきた人なんて、誰もいません。

 

努力すれば絶対報われるというわけではないけど、
頑張れば結果はついてくる、だから諦めない。

この考えに反対する人は少ないでしょう。

 

 

その一方で・・・

最初から諦めの心があり、なにも挑戦しない人も多くいます。

「やるだけ無駄」
「どーせ無理だって」

と現実的な選択を選びます。

 

「どーせむり」って言っておけば、わざわざ挑戦して失敗しないし、
それで済むし。
現実的というか、これが楽だからなんですよね。

 

 

でも、
それで本当に納得できますか?

人生は一度きりですよ。

 

なぜ?諦める心が芽生えるのか?

人間、初めから諦めの心を持って生まれた人なんていないですよ。

どうやって【諦めの心】を自分の中に持ってしまったのか?
誰かに植え付けられた認識なのかもしれないですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました