JAでの月収と設計図

JAでの月収と設計図 アウトプット

おはようございます、橋爪です。

今回は自由万歳案件であるJAでの月収について具体的に考えてみました。

 

僕はJAの開始当初、最低金額の1000ドルで始めました。

 

1000ドルだとスポーツアービトラージをやって、月収はだいたい60ドルくらい。
思ってたよりも相当低い数字。

 

 

これでは、到底お金持ちにはなれませんよね。

 

そこから調べて最善の方法を見つけ、トップアップで複利運用をしながら、
紹介する人も徐々に増えて、さらに銀行口座にあった日本円も入れてしまいます。

 

なんとか収益が増えていって、
やっとのことで、サラリーマンの平均年収くらいにはなってきました。

 

 

でも、上昇学的な目線からだとまだまだな数字です。

というのも、月収500万円程度では、物が欲しくなります。
それこそお金を生み出さないものを欲しがってしまうんです。

月収1000万円を越すと、余計なものは要らなくなります。

 

 

これを見ると、500万円でもまだまだって感じになっちゃいます。

 

僕も早く月収1000万に行けと、言われています。

 

1000万って、普通に働いていたら到底たどり着けないであろう数字です。
でもJAなら、不可能じゃない数字なんですよね。

 

 

不可能じゃないけど、確実にたどり着くには設計図が必要

 

「自分の立っている場所を理解して、これから先にどの場所に行くのか計画する」

その設計図を持って進めていかないと、行きたい場所に行けません。

アメリカのライト兄弟が発明したライトフライヤー号だって、ちゃんと設計図をもとに作られたから飛べたんです。

 

ただ闇雲に作業なりをしていても、行く方向を間違えて目的地を失ってしまいますからね。

 

いつまでに月収10万ドルに設定するのか?
設計図を書いて、確認していきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました