認知の歪みがあるから、成功への躊躇がある

認知の歪みがあるから、成功への躊躇がある 思うこと

【認知の歪み】というのを知っていますか?

ウキペディアで調べてみると、
誇張的で非合理的な思考パターンというもので、
要は、思い込みや自分だけの悪い意味でのルール、ジンクスなどを指します。

そのパターンには主に10個あります。

  • 全か無かの思考
  • 行き過ぎた一般化
  • 心のフィルター
  • マイナス思考
  • 論理の飛躍
  • 拡大解釈、過小解釈
  • 感情の理由づけ
  • ~すべき思考
  • レッテル貼り
  • 誤った自己責任化(個人化)

 

まあ、ふだんの生活で一度や二度は起こることですよね。
しかも悪い意味であります。

 

たとえば、【行き過ぎた一般化】は、
「目が合ったのに挨拶してくれなかった、きっと私を嫌っているに違いない」

とか

【マイナス思考】は、
一回の失敗で、物事をすべてがそういうものだと誤解してしまう思考です。
「投資で失敗した、やっぱり危険だ。手を出すものではない。」

【~すべき思考】は、
文字通り何かをすべきと勝手に思い込むことで、
それができなかった場合に罪悪感を感じてしまいます。

 

 

これで思ったことがあります。

 

 

 

せっかくの素地があるのに、なかなか行動しない人って、
実は【認知の歪み】が深く影響してるのではないか?

 

私なんかが幸せになれない。そんなの成功するわけがない。
過去に失敗したからもうやらない。

 

このような考え方があると、
物事が悪い方向にどんどん向かっていっちゃいます。

 

いわゆるネガティブ思考。

負のエネルギーが負の連鎖を生んでます。

 

逆に、

 

成功してる人のマインドや考え方はシンプルで積極的。

常にポジティブだから、ポジティブなエネルギーを生み出します。

 

 

この、ネガティブとポジティブは分かりやすいですよね。

 

 

「私なんか、どうせ」という考えは心の深いところに存在していて、
だからこそやっかいで、意識して排除するべき負の感情です。

 

お金を稼ぐ、成功するという目標を目指していくのなら、
まずは、自分の【認知の歪み】を認識して乗り越えるべきですね。

 

あ、~べきって、【~すべき思考】になっちゃいました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました