二極化の現実とこれから

二極化といわれる現実がここに 思うこと

日本の経済は下降線を行ってるし、
貧困がこれからも加速していくのは仕方のないことですよね。

その中でよく言われてるのが

 

【二極化】

 

持てる者と持たざる者の違いです。

 

ひと昔の日本では、一億中流思想があって、
みんななんとなく中間層で貧乏でもないけど、お金持ちでもない。

同じような普通のレベルで暮らしている。

そう思ってました。

 

 

でも、それはすでに過去のこと。

 

【二極化】はどんどん広がっています。

 

それを裏付ける数字があって、
20代の単身者だと61%が金融資産を所有していません。

これは、若い世代だけでなく全体で広がっていて、
日本の家庭で約6分の1の世帯は貯金がありません。

 

貯蓄や資産の二極化が目立ってきているんです。

資産を作れなかったのは低賃金・非正規雇用が拡大したため。

 

お給料が少なくて不安定だから、生活に余裕がなくて、
貯金もできない人が実に多くいます。

 

今回のコロナ騒動での給付金だって、いかにみんなお金が欲しいか。
資産や貯蓄など先立つものを持ってないことが顕著でしたね。

 

たしかに普段はそこまで気にしてなくても、
周りがお金を使ったり消費するのにシビアになっています。

 

 

でも、そんなことで生活を狭めてしまうことはないです。

 

今の時代は、自分から選択して生き残れる時代。

そのための情報があります。
ここから繋がっておいてください。

情報を取って、気づきはここから始まります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました