4つのクワドラント、左側と右側は大違い

4つのクワドラント、左側と右側は大違い 思うこと

橋爪です。

今回は4つのクワドラントの「左側」と「右側」についてです。

 

4つのクワドラントとは世の中の働くスタイルを
4つのタイプに分けて考えることを言います。

有名なのはロバートキヨサキ氏の『金持ち父さん貧乏父さん』の中で使われていますね。

 

図解にするとこうなります。

4つのクワドラント

 

4つのクワドラントのうち、
図の左側「E」employee (労働者)「S」SelfEmployed(自営業)です。

この2つは、ご自身の時間を切り売りしてお金(お給料)を得るので、
稼げるお金に上限があります。

時間も制約される。
自分の人生がもったいない、一番やってはいけない働き方です。

 

右側「B」Bussiness owner(ビジネスオーナー)「I」invester(投資家)ですね。

ビジネスオーナーは会社の社長など、従業員などの労働力を受けながら
自身はオーナー業。

かかる時間を極力セーブしつつ、お金を獲得する形です。

もしくは、投資家として「お金に働いてもらう」というやり方ですね。

時間とお金がイコールではなく、獲得できるお金の額は無限大です。

 

 

 

あなたなら、「左側」と「右側」
どちらの側にいたいですか?

 

 

僕は断然、右側です。

 

 

だから、この右側を絶対に目指さなくてはいけないんです。
もしくはもうすでに右側に居ないといけない。

 

世の中のほぼ多くの人が左側のクワドラントにいます。

そこそこの充実感と死なない程度のお給料をもらえるので、
危機感を持ってないんです。

 

世の中では大きな変革が起こっていて、
サラリーマン制度がいつ撤廃されてもおかしくない状況なのに、
「自分はお勤めしているから大丈夫だろう」と言う、
なんとも世の中の流れをわかっていない状態になっています。

 

生ぬるい環境にいるからなかなか気づけずに、
最後は、「茹でカエル」状態になって人生終了してしまうパターンです。

 

自分の頭で考えることができなくなるし、
自分の思い描く人生を生きることが困難になっていきます。

 

夢も何もあったもんじゃないです。

 

 

 

やっぱり、ここは。

 

 

右側に行けるビジネスを選ばなければなりません。

 

そこで出てくるのが「ネット販売」「権利収入」「不労所得」のビジネス。
口コミや会員制のMLM(紹介)ビジネスですね。

いわゆる健康食品系だのダイエットの通販、
アフェリエイトや株などの不労所得や権利収入で
「ネットで楽に稼ぎましょう!」とうたいながらも
その実は、結局労働しないと稼げないという形になっています。

 

一度くらいはこのようなビジネスに手を出して
あまりにも楽でなくて、そのくせ全然稼げないと思ったことはありませんか?

 

世の中のほぼほぼの人たちが、楽に稼ぎたいと右側を目指して、
この結果が出ないMLMやネット副業などにハマってしまって、
思い描いた人生を夢に見ながら死んでいきます。

 

 

その反対に

 

 

僕が珠玉の情報を獲得している【上昇学】では
案件のほとんどは労働しなくても、自己完結型で収入を得ることができます。

 

【上昇学】では、いかに右側に自分の身を置くかにこだわっていて、
「お金のために働かない」
ということをすでに実現しています。

 

自分の場合も、教えてもらった案件から
働かなくても生きていける収入はすでに得ていますからね。

 

【自己完結型で収入を得る】というポイントがとても大事です。

 

たとえば僕が今実践しているジュビリーエースでさえ
自己完結型で収入を得られます。これも一種の権利収入です。

まあ、MLMの特性もあるので、誰かを紹介すれば自分も儲かります。
しかし、それをしなくても月利が高いので資金を入れて回せばいいだけ。

 

自己完結で収入を得ています。

 

また、ほかの案件でセレニティというのがありますが。
これなんか権利収入のもっともなやつですね。

オンライン上でのゲームマシンのリース料がもらえます。
こちらはまったく何もしなくても出資した会社がどんどん進めてくれる。

 

まさに、自己完結で収益を持ってきてくれます。

 

 

ほんとに、「右側」に移ると、見える景色が違ってきますよ!

 

ここまで来て行動しないとしたら、もう成功する資格はありませんし、
一生、貧乏の底にへばりついているしかないんですよ。

 

情報を得たい!右側に移る具体的な行動が知りたい!など、
何か疑問がありましたら、ぜひWowAppからどんどん質問してくださいね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました